風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

245.夏・夏至次候(第二十九候)「菖蒲華(あやめはなさく)」

菖蒲華は、明後日(2017年6月26日)から7月1日までです。今朝は肌寒く、陽の暖かみを望まずにいられません。菖蒲・文目・アヤメの花が咲き始めるころなのですが、庭のアヤメはそろそろ花の終わりです。来年の開花の準備に忙しいのか、花閉め(店じまい)も早いように感じます。で、今朝撮れたてのアヤメなどを貼り付けます。

sikihuukei.hatenablog.com

f:id:sikihuukei:20170624063740j:plain

f:id:sikihuukei:20170624063828j:plain

f:id:sikihuukei:20170624063902j:plain

f:id:sikihuukei:20170624063940j:plain

f:id:sikihuukei:20170624064028j:plain

庭の野菜の花も下の都忘れの花も開花が遅いです。

f:id:sikihuukei:20170624064151j:plain

f:id:sikihuukei:20170624064228j:plain

紫陽花の花芽、開花は7月でしょう。

f:id:sikihuukei:20170624064343j:plain

アスパラの花芽

f:id:sikihuukei:20170624064442j:plain

f:id:sikihuukei:20170624064518j:plain

黄文目の花は、幼いころ庭に咲いていた花です。なにか親しみと愛着があります。花を撮っている時が和みます。では、この辺で。肌寒い日が続きます。