164.夏・立夏:二十一候末候竹笋生(たけのこしょうず)

竹笋生は、明日(2016年5月15日)から5月19日までです。 土から顔を出す姿にひかれます。 筍は、竹冠に旬、京の筍料理も一度食してみたいと思うのです。 竹は、筍に栄養分を費やすため春に黄葉するのだそうです。 「竹の秋」 竹の秋の竹林に雨後入ると、にょきにょきと顔を、頭かな、出しているのだそうです。 やはり京都…