読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

1.小樽市と札幌市の四季区分

小樽・札幌 道東釧路 小樽の花 四季

地球の四季は、地球の公転による太陽放射の年変化により、中緯度地帯(温帯)で顕著に現れるという。

北(南)半球では、春3~5(9~11)月、夏6~8(12~2)月、秋9~11(3~5)月、冬12~2(6~8)月に区分しているようです。

前に住んでいた道東釧路地方は寒流の影響で寒冷な地帯で、本州の季節区分とは日常生活であっていない場合が多かったです。

釧路地方は気候変化や生物の生育状態から東京とは約二カ月、札幌とは半月からひと月ぐらいの季節のズレが見られました。

釧路地方の四季は、春3月下旬~6月半ば、夏6月半ば~8月中旬、秋8月下旬~11月上旬、冬11月中旬から3月中旬と思われました。

いまデジカメを片手に活動の中心は小樽市と札幌市です。

このブログでは小樽市と札幌市の四季を独断で以下のように区分して記載することにしました。

  1. 春:3月中旬~6月上旬
  2. 夏:6月中旬~8月下旬
  3. 秋:9月上旬~11月中旬
  4. 冬:11月下旬~3月上旬

最初の記載はここまでです。

当ブログを訪れ、貴重な時間を無駄にされたことと思いますが、今後ともよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

f:id:sikihuukei:20120918084515j:plain

庭の福寿草

f:id:sikihuukei:20121116060148j:plain

札幌の百合が原公園の日本庭園の夏椿

f:id:sikihuukei:20120818054256j:plain

新十津川駅で

f:id:sikihuukei:20120716052232j:plain

小樽の裏山の早朝:雪の花ような

f:id:sikihuukei:20120829074253j:plain