風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

29.大雪次候・熊蟄穴(くまあなにちっす・くまあなにこもる)

パソコンに向かうのもひさしぶりのような気がします。

12月12日から16日までは大雪次候・熊蟄穴(くまあなにちっす・くまあなにこもる)です。

熊が穴に入り冬籠りをする時期、冬眠するころということでしょう。

この熊はツキノワグマで、ヒグマではないと思うのです。

ヒグマがいつころ穴にこもるのかは、道内でも地域によって異なるのでしょう。

最近、小熊(ヒグマ)が里に出てきて、ニュースになっています。

近年、山の食糧不足からなのでしょうか、それとも、冬籠りの時期が遅くなったのか、冬眠していて当然の時期に里に降りてきて、ニュースになっているようです。

今朝は、少し冷え込んだようです。

そして、午前中は比較的晴れ間が見えていました。

お昼頃裏山へ、そのころ曇り空になりました。

暗い真冬といった感じの薄暗い裏山でした。

雪が降ったり、止んだりを夕方まで繰り返していました。

明日は雪が積もっているだろうか。

f:id:sikihuukei:20131212184110j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184138j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184212j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184235j:plain

数日前に降った雪で、山道もわからなくなったのですが、雪は少なくなっていました。

f:id:sikihuukei:20131212184303j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184449j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184333j:plain

f:id:sikihuukei:20131212184402j:plain

また、家の周りの雪も少なくなりました。

しかし、屋根からの落ちた雪を除く作業で、歳を感じています。

そして、久しぶりにパソコンに向かいブログを記載しました。

いよいよ雪搔きシーズン到来です。

体を整えて、今冬を乗り切ろう。