風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

32.よいお年をお迎えください。冬至次候・麇角解(しかのつのおつる)

本年も当ブログを訪れていただきありがとうございました。

どうか健やかなよいお年をお迎えください。

来年もまたよろしくお願いいたします。

今年は二つのブログを開設いたしました。

8月30日に風景夢譚、12月20日に句集「風楽」です。

これでブログは五つとなりました。

2004年8月3日開設の「思い出の風景」、2005年4月3日の「風景の日記」、2012年5月13日の「万葉集の日記」です。

これらのブログも来年よろしくお願いいたします。

12月27日から31日は、冬至次候・麇角解(しかのつのおつる)です。

「大鹿が角を落とす」時期という意味のようです。」

一般に日本鹿の角が落ちるのは春のようです。

12月26日札幌へ。

12月27日に北海道神宮へ。

神宮境内は新年の準備で忙しそうでした。

28日小樽へ。

29日~31日に雪搔きや家の廻りの排雪に追われました。 これで当分、家の裏の排雪を心配することはないでしょう。

排雪を12月に二度行ったのは小樽で過ごして、2011年が初めてでした。

そして、昨年の12月は雪が多く、32回の雪かきでした。

今年の12月は15回の雪搔きでした。

昨年ほどは積雪量が多くないですね。

ここ数日で家の周りはかなり積雪量が増えました。