読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

35.雨水末候・草木萌動(そうもくきざしうごく・そうもくもえうごく)

二十四節気 七十二候 小樽の風景

3月は、彌生(やよい)、早花咲月(さはなさきつき)、花見月、嘉月(かげつ)などの美しい呼び名があるようです。

早花咲月が3月にふさわしい呼び名に思います。

今日2014年3月1日は、雨水末候・草木萌動で、七十二候の六候で、陽気にさそわれ草木が萌えだす頃、草木が芽吹き始めるころという意味のようです。

ここ数日は暖かい日が続き、今朝も晴れの良い天気でした。

そして、落ち葉と枯れ葉に惹かれ、青空に誘われて、裏山の芽吹きを撮りに出かけました。

多くの木々の芽は、やはりかたく息吹は感じられませんでした。

1)裏山で

f:id:sikihuukei:20140301190710j:plain

2)1m以上の積雪です。

f:id:sikihuukei:20140301190747j:plain

裏山の山頂近くから塩谷丸山が望めました。

3)

f:id:sikihuukei:20140301190821j:plain

ただ、芽吹き始めたのではないかなと思われる木もありました。

4)

f:id:sikihuukei:20140301190854j:plain

5)

f:id:sikihuukei:20140301190919j:plain

6)

f:id:sikihuukei:20140301191043j:plain

暖かさと青空に誘われて、落ち葉を撮りながら木々の芽吹きを探したのですが、多くの木々の芽吹きはもう少し先のように感じられました。

7)

f:id:sikihuukei:20140301191437j:plain

8)

f:id:sikihuukei:20140301191241j:plain

9)

f:id:sikihuukei:20140301191329j:plain

10)上の足跡がたぶんキタキツネと思われ、下が好奇心旺盛な爺のものです。

f:id:sikihuukei:20140301191132j:plain

11)2月26日に裏山を散策した時の足跡に枯葉が入っていました。

f:id:sikihuukei:20140301190944j:plain

12)

f:id:sikihuukei:20140301191100j:plain

この本を最近読み、枯葉に対する思いが変わりました。

秋に枯れ落ちる葉にはかなさとさびしさを感じていたのですが、

桜の枯葉や落ち葉は、親株の根もと付近に落ち、虫の嫌がる香を放ち、親を守っていること知り、葉っぱの生き方はすごいと思うようになったのです。

今日撮った葉っぱも桜の葉っぱに負けていないのでは、と勝手に思っています。