読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

57.処暑四十候初候:綿柎開(めんぷひらく・わたのはなしべひらく)

処暑は、新暦2014年8月23日から9月7日まで、

暑さが少し和らぎ、暑さが落ち着いてくるころ。

季の祭:秋祭り、季の花:百日紅、季の草:イヌタデ、季の言葉:納涼

そして、処暑の初候、綿柎開の意味は、綿を包む咢が開くころ・綿がふき始めるころです。

季の虫:赤とんぼ、季の花:綿花、季の花:はちすば

そして、季の句は

「ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉(はちすば)に 渟(たま)れる水の 玉に似たる見む」作者不詳 万葉集巻16・3837

(ひさかたの雨よ降ってくれないか。蓮の葉にたまった水の、玉に似たものを見たいものだ)

「はちす」は、蓮の古名で、「はちすば」は蓮の花と参考にした本に記載しているのですが、葉のように思うのです。

花や葉の上の水玉などを撮ってみたいなと思うのですが、

生憎近くに咲いていません。

道内でも咲いているのは珍しいでしょう。

また、綿花も近くで咲いていなく、縁の無いはなです。

綿柎開というのに、縁がないのです。

でも、赤とんぼは体色が赤い蜻蛉トンボの総称として用いられています。

アキアカネ、ミヤマアカネ、マユタテアカネなどの種があるようです。

種の区別もよくわからないのですが、赤とんぼとすべて呼んでいます。

小樽の庭では、赤とんぼが8月中旬ころから羽を休めています。

羽化してからどのようなところで過ごしてきたかわからないのですが、

今庭で虫をとらえています。

そんな赤とんぼを撮りました。

え、ブログに記載のため、急きょ庭の赤とんぼを撮りました。

8月27日午後小樽の庭で撮影

f:id:sikihuukei:20140827155928j:plain

f:id:sikihuukei:20140827155742j:plain

f:id:sikihuukei:20140827155834j:plain

小学生のころ、三木露風作詞、山田幸作作曲の童謡「赤とんぼ」を歌ったことは懐かしい思い出です。

多くの方が歌い、多くの方に親しまれている歌です。

綿花ではないのですが、

庭の独活の実が緑から黒紫へと熟してきました。

この実は熟すと野鳥の餌料となるのだろうか。

広く裏山に独活が増えてほしいです。

f:id:sikihuukei:20140827160026j:plain

f:id:sikihuukei:20140827160055j:plain

8月22日(撮影)ではほとんどが緑色でした。

f:id:sikihuukei:20140822104746j:plain

8月24日、25日と札幌へ出かけ、

ブログへの記載が今日になってしまいました。

ま、何とか綿柎開の最後の日に間に合いました。

このころは赤とんぼの飛ぶ姿と朝の冷たい風で、

秋の到来を感じます。

もう小樽は秋ですね。

当ブログを読んでいただいた方だけの残暑お見舞い申し上げます。