風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

64.秋分四十七候次候:虫坏戸(ちっちゅうこをはいす)下り月・有明月

新暦2014年9月28日~10月2日今日まで。

虫が土中に掘った穴をふさぐ・寒さを恐れ、虫が地中に姿を隠すころという候の意味のようです。

季の魚:サバ鯖、季の植物:栗。季の花:リンドウ

そして、季の句は、有名な歌ですね。

「熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でぬ」額田王 (万葉集巻一・八)

鯖も栗もリンドウも馴染みのものです。

家の周りの画像と思ったのですが、昨年の記載とほぼ同じ画像になるので、省略しました。

下記から見ていただくと嬉しいです。

ここ数日朝晩にストーブを焚いています。

昨年より寒いのかな、歳のせいかな。

(その両方でしょう、曇りの寒い日だからと言って家の周りの画像くらいとれるでしょう。あわてて昨年のをリンクしただけでしょう。明日から二三日出かけるので)


13.秋分次候:蟄虫坏戸(ちっちゅうこをはいす)下り月・有明月 - 風景夢譚