読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

81.春・雨水・五候次候霞始靆(かすみはじめてたなびく)

二十四節気の第二節雨水で、五候次候霞始靆は新暦の2015年2月24日から28日まで。

霞は春の風物詩。初めての霞がたなびき、遠くの山々がかすんで見える早春です。

でも、ここ小樽は昨年2014年2月26日記載の記事のように一年でもきわめて積雪量の多い時期です。


34.雨水次候・霞始靆(かすみはじめてたなびく) - 風景夢譚

遠くの山々がかすんで見える画像となると最近撮ったのでは、北大第一農場のポプラ並木のそばから撮ったものでしょうか。

季のことば:春霞

絵画手法の「すやり霞」、春霞は、夜になれば「朧」と名を変えますね。

春霞を意識して生活したことがないな。

季の花:なずな

春の七草。薺打つ、薺摘む、七草の囃し。

縁が薄いな。

季の野菜:わらび

縁があるのですが、というか、庭にも裏山にも春になると萌え出のです。あく抜きなど面倒なのでお土産以外採りません。

撮影の対象です。

「いはばしる垂水の上のさわらびの 萌え出づる春になりにけるかも」

志貴皇子の有名なお歌(万葉集巻8・1418)ですね。

好きな歌の一首です。

裏山で撮影(2012年5月24日撮影)

f:id:sikihuukei:20120524163552j:plain

f:id:sikihuukei:20120524163527j:plain

季の祭:北野天満宮梅花祭

菅原道真公の命日とされる二月二十五日に、京都の北野天満宮で行われるらしい。

多くの人出でにぎわい、境内では紅白梅の花で華やかな雰囲気に包まれて、春の訪れを感じるのでしょう。

ここ小樽では、春になると梅も桜も辛夷なども一斉に咲きだします。木花が咲くということは、小樽では春の訪れを告げることといえます。

まだ、だいぶ先だな。

では、北大第一農場から2015年2月23日に撮った画像を貼り付けます。

ポプラ並木のすぐ右に見える遠くの山が藻岩山です。卒業した二条小学校の校歌にありました。

恵迪寮に「藻岩の緑」(明治四十四年寮歌)がありました。

f:id:sikihuukei:20150225092519j:plain

藻岩山山頂

f:id:sikihuukei:20150225092745j:plain

ポプラ並木

f:id:sikihuukei:20150225095512j:plain

f:id:sikihuukei:20150225093228j:plain

藻岩山から右へ円山、大倉山、三角山そして手稲山と続きます。その間にも山がああるのですが、名を知っているのはそれだけなので。

(本当に札幌生まれの札幌育ち)

円山は、北大の大正九年桜星会歌「瓔珞みがく」の三番の歌いだしに、「今円山の桜花・・・」とあるように、昔から桜の名所だったのですね。

農場からはビルの影で見えません。

次いで、大倉山、大倉ジャンプ台のある場所です。その次が三角山です。

f:id:sikihuukei:20150225094229j:plain

f:id:sikihuukei:20150225094341j:plain

f:id:sikihuukei:20150225094413j:plain

最後が恵迪寮の明治四十年寮歌の「一帯ゆるき」の一番に歌われている「・・・手稲の夏の栄えにして・・・」の手稲山です。

恵迪寮寮歌で一番有名なのは、「都ぞ弥生」でしょうか。

寮歌ではないのですが、寮歌集の付録に校歌とともにある「水産放浪歌」や「ストームの歌」なども好きな歌の一つです。

遠くにかすむ雪を頂いた山が、手稲山です。

f:id:sikihuukei:20150225095927j:plain

小樽からも天気がいいと山頂が見えます。f:id:sikihuukei:20150225094933j:plain

手稲山山頂のアンテナ群です。中学と高校のとき登ったな。その時はスキー場はなかったのです。

f:id:sikihuukei:20150225095132j:plain

ポプラ並木と第一農場f:id:sikihuukei:20150225095417j:plain

ポプラの根開けですね。春を感じます。小樽の裏山より春が早く来るのですね。

f:id:sikihuukei:20150225095559j:plain

f:id:sikihuukei:20150225095708j:plain

ポプラ並木を過ぎ、振り返って撮影。

f:id:sikihuukei:20150225100117j:plain

農場越しにJR札幌駅方面を撮影

f:id:sikihuukei:20150225101624j:plain

f:id:sikihuukei:20150225101712j:plain

f:id:sikihuukei:20150225100428j:plain

昨日今日と久しぶりに朝に雪かきを行いました。数センチの積雪ですので、よい運動になりました。春が一歩一歩近づいているなと感じた朝でした。雪搔きで春を感じるなんておかしいのですが、12月や1月の雪搔きと違うのです。