風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

98.夏・芒種:二十七候末候梅子黄(うめのみきばむ)

梅子黄は、2015年6月16日(今日)から21日まで。

梅の実が黄ばんで熟するころ。梅の実が熟するころに雨季に入るので「入梅」の名があるようです。

季のことば:竹酔日

竹を移植するのに好適とされ、竹を根付かせるのは難しいらしい。

「竹植うる日」は、俳句では夏の季語。

季の花:昼顔

季の野菜:にんにく

季の魚:黒鯛

季の兆し:桜桃忌、6月19日。太宰治氏の誕生日であり命日、墓前にはさくらんぼが供えられるようです。

6月14日から札幌へ。6月15日遅くに帰りました。

14日は札幌市の百合が原公園へ。百合と夏椿の開花状況を見にいつたのですが、どちらもまだ咲いていませんでした。でも、もう花の時期が終わったと思っていた「ヒマラヤの青いケシ」がまだ咲いていました。

また、百合が原公園内の世界の庭園のポートランド公園では姫空木が、園内のあちらこちらではバイカウツギが、温室の近くではオオベニウツギが咲いていました。

さらに、リリートレインが花のそばを走っていました。

花が百合だとよかったかな。

15日は小学生の二人の孫と親父の墓参りに。

午後には楽しく過ごす。

ヒマラヤの青いケシ

f:id:sikihuukei:20150616112811j:plain

f:id:sikihuukei:20150616112841j:plain

f:id:sikihuukei:20150616112924j:plain

f:id:sikihuukei:20150616112952j:plain

姫空木

f:id:sikihuukei:20150616113112j:plain

f:id:sikihuukei:20150616113141j:plain

f:id:sikihuukei:20150616113220j:plain

リリートレイン

f:id:sikihuukei:20150616113256j:plain

バイカウツギ

f:id:sikihuukei:20150616113326j:plain

オオベニウツギ

f:id:sikihuukei:20150616113509j:plain

シベリアアヤメ

f:id:sikihuukei:20150616113714j:plain

温室で

f:id:sikihuukei:20150616113424j:plain

温室でモデルを断られる

f:id:sikihuukei:20150616113618j:plain

札幌市内にある「月寒」の地名について、記載しようと思っていたのですが、またの機会に。

(またの機会があるかどうか)

何と読みますか。

「つきさむ」

子どものころは「つきさっぷ」でした。

いつのころから「つきさむ」になったのだろ。

産湯が札幌の爺には、最初耳にしたときすごい違和感がありました。

で、アイヌ語のいわれなど記載した下の本を引用しようと思ったのです。

石狩川水系の月寒川(つきさむかわ)

山田秀三(1972:昭和47年)モレウ・ライブラリー 札幌市

f:id:sikihuukei:20150616113818j:plain

千歳線の月寒(つきさっぷ)駅

日本国有鉄道北海道総局

昭和48年3月25日発行

f:id:sikihuukei:20150616113838j:plain

 (どちらもかなり汚れた本です)