風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

99.夏・夏至:二十八候初校乃東枯(なつかれくさかるる・ないとうかるる)

夏至は、2015年6月22日(今日)から7月6日まで。

太陽の位置がもっとも高くなる日。

本州では今が梅雨の盛りでしょうか。

この日を境にすこしずつ日照時間が短くなる。

季のことば:夏越の祓

季の花:合歓

季の和菓子:水無月

乃東枯は、2015年6月22日から26日まで。

草木いずれも繁茂するなかで、夏枯草(かこそう)のみが枯れていくころ。

季のことば:夏枯草

季の花:芍薬

季の野菜:茗荷

季の魚:鮎

小樽の庭に夏枯草は無いですね。

夏枯草は、「なつかれくさ」ともいい、乃東(ないとう)はその古名のようです。

夏枯草は冬至のころに緑の芽を出し、夏至のころに枯れる薬草だそうです。

乃東こと夏枯草はうつぼ草の漢名ともされているようです。

が、シソ科のうつぼ草が花を枯らすのは八月になってからで、夏至のころは薄紫の花を咲かる時期のようです。

一般にこの花穂を夏枯草と呼び、利尿、消炎作用の生薬となっているようです。

小樽の庭では、福寿草が枯れ始めていて、もうじき姿を消すでしょう。

また、黒百合も枯れ始めています。

ただ、福寿草冬至のころではなく、十月初旬にはもう花芽を出します。

真冬を厚い雪の下で過ごし、雪が消えるのを待って花を咲かせます。

福寿草と同じような生活パターンは、難波津です。

今朝、小樽の庭で撮った花々を貼り付けます。

いとはゆり

f:id:sikihuukei:20150622131943j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132049j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132311j:plain

ズッキーニ

f:id:sikihuukei:20150622132121j:plain

バジル

f:id:sikihuukei:20150622132200j:plain

都忘れ

f:id:sikihuukei:20150622132846j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132542j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132444j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132721j:plain

f:id:sikihuukei:20150622132939j:plain

f:id:sikihuukei:20150622133139j:plain