読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

104.夏・小暑:三十三候末候鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)

鷹乃学習は、2015年7月17日から22日まで。

今年生まれた鷹の幼鳥が、飛ぶことを覚えて空に高く舞い上がるころ。

季のことば:線香花火

季の花:夕顔

季のさかな:金魚

季の鳥:鷹

昨年の記載も参考にしてください。

昨日、久しぶりに旧日本郵船株式会社小樽支店と水天宮をたずねました。

小樽支店は、小樽運河の近くにあります。

明治期初期の小樽を代表する建築の一つです。佐立七次郎氏の設計です。

小樽運河

f:id:sikihuukei:20150717144159j:plain

日本郵船株式会社小樽支店

f:id:sikihuukei:20150717143937j:plain

f:id:sikihuukei:20150717143848j:plain

現在は、運河公園の一画に

f:id:sikihuukei:20150717144313j:plain

一階の営業室

f:id:sikihuukei:20150717145318j:plain

 二階会議室:ポーツマス条約にもとずく日露の樺太国境画定会議が開かれました。明治39年11月13日に。

f:id:sikihuukei:20150717145556j:plain

f:id:sikihuukei:20150717150107j:plain

見学後、再び小樽運河をとおり水天宮へ。

水天宮から

f:id:sikihuukei:20150717143600j:plain

f:id:sikihuukei:20150717143338j:plain

f:id:sikihuukei:20150717143259j:plain

f:id:sikihuukei:20150717143418j:plain

f:id:sikihuukei:20150717143500j:plain

水平線の向こうは樺太

f:id:sikihuukei:20150717143703j:plain

水天宮近くのお庭で

f:id:sikihuukei:20150717143242j:plain

参考にした本

f:id:sikihuukei:20150717150324j:plain

昨日も暑い一日でした。