読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

106.夏・大暑:三十五候次候土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

今日(2015年7月27日)は、蒸し暑さが最高潮に達したのではと思われ、大暑というにふさわしいなと感じています。

明日から8月1日が土潤溽暑です。

明日、所用で今日の記載になりました。

昨年の記載も見ていただけるとありがたいです。

今年は、ヒマワリや桔梗がまだ咲いていません。

昨年に比べ開花が遅いかな。

 季のことば:八月一日さん

「ほずみ」さん、です。

四月一日は、「わたぬき」さんといいます。

読めましたか。

季の花:ひまわり

季のさかな:太刀魚

季の兆し:打ち水

小樽の庭の紫陽花(2015年7月25日撮影)

赤紫もじきに青紫へと変わります。

f:id:sikihuukei:20150727133614j:plain

f:id:sikihuukei:20150727133906j:plain

f:id:sikihuukei:20150727133954j:plain

f:id:sikihuukei:20150727134030j:plain

f:id:sikihuukei:20150727134127j:plain

f:id:sikihuukei:20150727134146j:plain

先日23から24日と札幌へ。

桑園駅の駐輪場もかなり変わりました。

まえは駐輪禁止の立札のそばに多くの自転車が駐輪していたのです。

立札の間違いかなと思いました。

で、新しい駐輪場は無法駐輪をなくす上でよかったのかなと思う反面、駅周辺の当初の駐輪場の設置方法がまずかったのではと思うのです。

喫煙禁止は、比較的守られているのですが、駐輪禁止は守られていないなと感じていました。

24日に小樽に帰ってきて、とある大型店舗で、喫煙禁止の札があり、その下に「この場所での飲食をご遠慮ください」という札があるのですが、誰も守っていないのです。

そして、その札のそばに自動空き缶選別機を店は置いているのです。

思うに店でお弁当や缶ジュースなどを販売しているのですから飲食する場所をもう少し広く快適な場とすればいいのではないかなと。

多くの高齢者が、楽しそうに話しながら「この場所での飲食をご遠慮ください」の札の下で過ごしていました。

店で購入したお弁当などを食べながら。

喫煙禁止は守られていたようですが、自動空き缶選別機を大型店が置いたということは飲食可ということを認めたと思うのです。

札を取らなかっただけかな。

自宅に一人でいるより、この場で楽しく過ごした方がいろいろといいのでしょう。

認知症予防になるな。

病院の待合室と同じかな。

病院の待合室で

「最近Aさん、見ないけど元気なのだろうか。」

と会話しているよう。

札の記載を守る守らないの判断基準は、なんだろうか。

煙草を吸わない身では、たばこのにおいがだめですね。

においがいいとまたどこでも吸えるようになるかな。

昔の職場や会議室のように。