読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

140.冬・小寒:六十九候末候雉始雊(きじはじめてなく・ちはじめてなく)

六十九候末候雉始雊は、初めての記載です。

雉始雊は、2016年1月16日から今日(1月20日)までです。

春を待てないきじが鳴き始めるころ。

繁殖期の雄のきじは、雌を探して鳴くようです。

季のことば:きじが鳴く

きじは、万葉集にもさまざまに詠まれているようです。

桃太郎の家来で日本の国鳥とか。

季の野菜:春菊

季のさかな:鮟鱇

季の行事:初釜

天気予報がいいほうに外れ、今朝の積雪深は0㎝でした。

でも、風は強く寒いです。

パソコンに向かった時の室温2℃、いまやっと5℃になりました。

冷えたときの室温は零下2℃ですので、少し暖かいかな。

ここ一週間雪かきに追われました。

多い時で積雪深25㎝ほど、でも、今年は雪が少ないです。

一昨年、昨年の三分の一ほどの積雪深ですね。

ブログの更新を忘れていたわけではないのですが、

雪かき後の疲労とパソコンのある部屋の寒さで、

なかなかパソコンに向かえなかったのです。

しかも、居間は暖かく、さらに、最新の画像を撮っていないのです。

午後から明日にかけて、小樽の天気は、吹雪で、積雪深も10~30㎝とか。

いいほうに予報外れないかな。

で、最近の画像がないので、2014年3月26日の画像を貼り付けます。

現在(2016年1月20日)、2014年より雪は少ないです。

f:id:sikihuukei:20160120102644j:plain

f:id:sikihuukei:20160120102842j:plain

この雪の下に福寿草が眠っています。下の竹の棒の間の↓ところです。

f:id:sikihuukei:20160120103318j:plain

f:id:sikihuukei:20160120103131j:plain

このままの積雪深で春を迎えると、今年の福寿草起こしの作業は楽ですね。

f:id:sikihuukei:20160120103929j:plain

f:id:sikihuukei:20160120103946j:plain

室温が9℃になったところで、記載終わりです。

明日から大寒なのですが、ブログの更新できるだろうか。