読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

142.冬・大寒:七十一候次候水沢腹堅(さわみずこおりつめる・すいたくふくけん)

水沢腹堅は、今日(2016年1月26日)から1月30日まで。

一年でもっとも寒さの厳しいころ。

実感しています。

沢に氷が厚く張りつめるころのようです。

小樽の家の屋根には、今にも落ちそうな屋根の雪に厚さ10㎝弱の氷が見えます。

今日は、暖かくなるとのことで、屋根の雪が落ちることを期待しています。

これから暖かい日は、特に屋根の落雪に要注意です。

落雪ではなく、落氷かな。

季のことば:夜咄

季の花:南天、白南天もあるのですね。

季の野菜:水菜・京菜とも呼ばれる。

季のさかな:公魚

今朝は、数㎝の軽い積雪でした。

朝食前に、軽い雪かきでした。

いつもこうだといいのですが。

先日の大雪では、オホーツク海側では大変のようでした。

小樽では比較的少なく、ほっとしました。

そいえいえば、網走に8年ほど生活したのですが、ある年の冬の早朝、

知り合いから電話がありました。

家の入り口が、雪で開かないからと。

で、雪かき持参で駆け付けたことを思い出しました。

我が家は、丘の上のふきっさらしの場所でしたので、入り口の積雪はなし。

 今では懐かしい思い出です。

先日の1月22日に、札幌市の百合が原緑のセンターの温室に行ってきましたので、

その時の写真を貼り付けます。

JR百合が原公園駅から公園入口の積雪量は、例年の三分の一かな。

f:id:sikihuukei:20160126111449j:plain

f:id:sikihuukei:20160126111520j:plain

f:id:sikihuukei:20160126111643j:plain

f:id:sikihuukei:20160126111727j:plain

f:id:sikihuukei:20160126111856j:plain

f:id:sikihuukei:20160126111926j:plain

f:id:sikihuukei:20160126112004j:plain

f:id:sikihuukei:20160126112039j:plain

f:id:sikihuukei:20160126112130j:plain

f:id:sikihuukei:20160126112236j:plain

オキナワサザンカ

f:id:sikihuukei:20160126112318j:plain

西王母

f:id:sikihuukei:20160126112421j:plain

f:id:sikihuukei:20160126112510j:plain

ギンヨウアカシア(異名ゴールデンミモザ):咲き始めかな

f:id:sikihuukei:20160126112635j:plain

鉢植えのギンヨウアカシア

f:id:sikihuukei:20160126112830j:plain

JR百合が原公園駅から札幌駅へ。

f:id:sikihuukei:20160126113039j:plain温室では、平成二十七年度内の開催予定は、市民ラン展、雪割草展、アザレア展、ツバキ展、レカンフラワー展、春の洋ラン展です。

小樽の降雪状況を見ながら出かけてみたいですね。