風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

149.春・雨水:六候末候草木萌動(そうもくめばえいずる)

草木萌動は、昨日(2016年2月29日)から3月4日までです。

昨年↓(下記)↓と比較して、今年は閏年なので、2月29日から3月4日までと一日早いのかな。

sikihuukei.hatenablog.com

82.でも記載したのですが、草木や木々が芽吹くころです。

一般に「木の芽時」といい、気象にからめて木の芽晴れ、木の芽冷え、木の芽風などと言い表すようです。

本州では、野山に草木が萌え始め、日に日に緑が増えて、華やかになるころなのでしょう。

小樽では、まだそのような状況ではないのですが、春の幕開けは感じられます。

今朝も台風のような暴風雪で、木の芽風とは程遠いようです。

積雪量は、予想より少なく、数㎝で雪掻きも楽でした。

ただ、風がひどく難儀しました。

唸るような風です。

裏山などの木々の枝がかなり折れていました。

話が急変しますが、先日の2月28日に、今年初めてエゾリスが庭に姿を現しました。

エゾリスは、昨年の記載↓を見てください。

今年はまだ一匹です。

貼り付ける画像がないので、記載だけで終わります。