風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

155.春・春分:十二候:末候雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

明日(2016年3月30日)から4月3日までが、雷乃発声です。

まだ、小樽では春の雷が鳴っていないと思うのです。

なにより雷は、夏という先入観があります。

春雷は春の到来を告げる音とか。

早く轟いてほしい。

sikihuukei.hatenablog.com

小樽での四季区分は、このブログの一番最初に記載しました。

春:3月中旬~6月上旬

夏:6月中旬~8月下旬

秋:9月上旬~11月中旬

冬:11月下旬~3月上旬

独断で区分しました。

sikihuukei.hatenablog.com

また、このブログの3に額田王の「春秋優劣判別歌」を記載しています。

長い冬が開け、春の雪解けを見守っている小樽では、「春です。私は」です。

sikihuukei.hatenablog.com

今朝(3月29日)、裏山を散歩しました。

その画像を貼り付けます。

なお、蕗の薹は家の前の雪の消えた道端で撮りました。

動物の足跡は、たぶんキタキツネと思います。

f:id:sikihuukei:20160329095447j:plain

日当たりのよい斜面↓

f:id:sikihuukei:20160329095543j:plain

 

f:id:sikihuukei:20160329095602j:plain

足跡は、私のです。雪の上を沈まずに歩きやすいです。

f:id:sikihuukei:20160329095646j:plain

f:id:sikihuukei:20160329095713j:plain

f:id:sikihuukei:20160329095753j:plain

f:id:sikihuukei:20160329095829j:plain

f:id:sikihuukei:20160329095853j:plain

f:id:sikihuukei:20160329100017j:plain

f:id:sikihuukei:20160329100100j:plain

f:id:sikihuukei:20160329100137j:plain

f:id:sikihuukei:20160329100157j:plain

f:id:sikihuukei:20160329100221j:plain

庭の積雪状況↓です。手前の竹の棒の間に福寿草が雪解けを待っています。

f:id:sikihuukei:20160329100335j:plain

小樽の積雪は、昨日(3月28日)で10㎝とか。

家が山の上にあるので、まだ積雪は30㎝くらいかな。

この後また雪割りに精を出します。

なお、、庭の福寿草の上の雪は4月1日に取り除き、福寿草を起こそう。

福寿草は迷惑かな。

早く春が来ないかな、花を早く咲かせたいと思っていると信じています。