風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

158.春・清明:十五候:末候虹始見(にじはじめてあらわる)

明後日(2016年4月14日)から4月19日までは、虹始見です。

暖かさが増し、急な雨が多くなる時期のようです。

雨上がりに美しい虹が、見えるようになるころ。

sikihuukei.hatenablog.com

4月1日に小樽市長橋なえぼ公園で、座禅草を撮りましたので、貼り付けます。

中央園路(右)の左側の春だけの湿地に咲いています。

小樽に住むようになり、なえぼ公園で座禅草を初めて、撮影対象としました。

なかなか良い写真が撮れません。

f:id:sikihuukei:20160412095003j:plain

f:id:sikihuukei:20160412095349j:plain

f:id:sikihuukei:20160412095437j:plain

f:id:sikihuukei:20160412095518j:plain

f:id:sikihuukei:20160412095607j:plain

昨日(4月11日)早朝から春の雪の積もった庭の福寿草(開花13日目)を撮りました。

一日、降ったりやんだりで、今朝も雪の中でしたが、気温の上昇とともに雪も消えました。

雪の中の福寿草を貼り付けます。

雪の中でも凛としていて、たくましく感じられました。

家は石狩湾を望む高台にあります。

小樽の積雪は、ゼロ。庭の雪も消えましたが、裏山には多いところで10㎝ほどの積雪です。

f:id:sikihuukei:20160412100330j:plain

f:id:sikihuukei:20160412100548j:plain

f:id:sikihuukei:20160412100622j:plain

f:id:sikihuukei:20160412100704j:plain

f:id:sikihuukei:20160412100803j:plain

f:id:sikihuukei:20160412100833j:plain

庭のカタクリ

f:id:sikihuukei:20160412100946j:plain

庭のカタクリ(4月10日)

f:id:sikihuukei:20160412101421j:plain

裏山にもカタクリ(堅香子)が姿を見せています。

カタクリが地上に姿をとどめている期間は、4~5週間と非常に短いようです。

秋のおわりから冬の初めにかけて地中では一連の変化が起こっているようです。

地上がまだ雪に覆われている12~2月(小樽では3月)に、形成された新たな葉芽や花芽いつでも地上で展開できるように準備が整っているという。

f:id:sikihuukei:20160412102640j:plain

植物生活史Ⅰ春の植物1の引用

4月10日に裏山の日当たりのよい斜面で撮ったカタクリを貼り付けます。

裏山でカタクリが最初に咲く場所です。

f:id:sikihuukei:20160412102915j:plain

f:id:sikihuukei:20160412102941j:plain

f:id:sikihuukei:20160412103013j:plain

f:id:sikihuukei:20160412103106j:plain

もうじきに開花かな。

ではまた、159.春・穀雨:十六候:初候葭始生(あしはじてしょうず)で。