読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

166.夏・小満:二十二候初候蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

今日(2016年5月20日)から5月25日までが、蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)です。

小満は今日から6月4日までです。

有史以来の人類とのお付き合いの昆虫カイコ。

明治には、世界一の生糸輸出国。

桑畑は、かってはどこでも見られたようです。

現在の生産量は、往時の1%とか。

昨年の記載を訪ねてみてください。

sikihuukei.hatenablog.com

 

昨日(5月19日)、札幌駅近くにある北大の植物園を見学してきました。

5月18日の新聞やテレビで、「ライラック陽気にほころぶ」というような記事や報道を目にしたからです。

早咲きの白いライラック(リラ)すでに満開、遅咲きの紫系も咲き初め、今週末には見ごろとなる見込みと。

で、前に見学した時の北海道大学植物園の案内書の「花ごよみ」を見てみると、ライラックの見ごろは6月上旬でした。

一抹の不安もあったのですが、出かけてきました。

久しぶりに札幌最古のライラックと北ローンのライラック並木を見に。

産湯を使った札幌の家は、北星学園と円山のちょうど間ぐらいに有って、物心ついたころより、ライラックは身近な木でした。

小樽では、何かライラックとは縁が薄いようです。

では、画像を貼り付けます。

まず、札幌最古のライラックのある宮部金吾記念館へ。

いつもここから見学です。

f:id:sikihuukei:20160520050759j:plain

f:id:sikihuukei:20160520050952j:plain

f:id:sikihuukei:20160520051019j:plain

f:id:sikihuukei:20160520051040j:plain

f:id:sikihuukei:20160520051108j:plain

f:id:sikihuukei:20160520051124j:plain

ライラック並木のある北ローンへ。

八重桜は満開でしたが、ライラックは開花していたのですが、少し早かったようです。

f:id:sikihuukei:20160520051247j:plain

ハンカチの木などの花々を貼り付けます。

まず、ハンカチの木

f:id:sikihuukei:20160520051540j:plain

エゾノハナシノブ

f:id:sikihuukei:20160520051710j:plain

f:id:sikihuukei:20160520051848j:plain

ウワミズザクラ、小樽の裏山ではまだ咲いていません。

f:id:sikihuukei:20160520051916j:plain

温室で

f:id:sikihuukei:20160520052049j:plain

f:id:sikihuukei:20160520052123j:plain

f:id:sikihuukei:20160520052211j:plain

f:id:sikihuukei:20160520052232j:plain

灌木園で咲くハナズオウ

f:id:sikihuukei:20160520052325j:plain

山吹

f:id:sikihuukei:20160520052440j:plain

エンレイソウ実験園(非公開)近くで、花の終えたオオバナノエンレイソウ

園の花ごよみでは、見ごろは5月中旬なのですが、今年は早終わりですね。

小樽の裏山に咲く深山延齢草かなと一瞬思いました。

f:id:sikihuukei:20160520052538j:plain

↓やっと見つけた結実まえの大花延齢草↓、釧路に住んでいたときはよく大きな群落を見ました。

根室でのワタスゲ根室)や黒百合(野付半島)の群落も懐かしいですね。

f:id:sikihuukei:20160520052738j:plain

アポイアズマギク、アポイ岳も登ってみたいと思ったものです。

f:id:sikihuukei:20160520053202j:plain

f:id:sikihuukei:20160520053432j:plain

いまのところ今年の暑さ一番かな。

温室での暑さに、見学の気力をそがれたようです。

白根葵の開花状況など見学しないで、帰路に。

歳かな、道産子は暑さにも寒さにも弱いのではないかと思うのです。

釧路に12年ほど住んでいて、この時が暑さに一番弱いころでした。

釧路は気温25℃を超えることが少なかったです。

避暑地に最高かな。

f:id:sikihuukei:20160520053534j:plain

道庁の赤れんが庁舎です。

f:id:sikihuukei:20160520054208j:plain

馬酔木の花の開花状況も忘れてしまったようです。

ま、いつでも見学に来れる場所なので。

京都や奈良などとその点違うな。

では、また。