風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

169.夏・芒種:二十五候初候蟷螂生(かまきりしょうず)

明日(2016年6月5日)から6月20日が、芒種です。

芒(イネ科の穂先にある毛)のある穀類の種をまく時期ということのようですが、

麦の収穫や田植えがそろそろ終わるころのようです。

棚田などの風景が伝えられるころですね。

本州では紫陽花が咲き、蛍が舞い始めるころで、

梅の実が色づき熟して来たら、いよいよ梅雨入りかな。

小樽はここ数日寒い雨、このまま雨が続くと蝦夷梅雨です。

梅雨がない北海道の梅雨です。

蟷螂生は、明日から6月9日までです。

拝み虫の異名があるカマキリは、このころ成虫になるとか。

縁のない虫です。

↓昨年の記載です。↓

sikihuukei.hatenablog.com

昨日、札幌の両親の墓に出かけました。

曇り時々晴れの予報でしたが、時々雨。

その後、丸井(百貨店)で開催の京都老舗店にかみさんが、

私は北大植物園の藤とリラの花を撮る予定でしたが、雨で中止。

本当にリラ冷えでした。

で、紀伊國屋書店へ。

購入予定は二冊なのですが、六冊を購入。

時間には余裕があり、二階の万葉集関連の売り場も見たかったのですが、

無いものが一つあり、食事後小樽へ。

f:id:sikihuukei:20160604043119j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043149j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043215j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043236j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043255j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043315j:plain

植物の祖先は動物だった、木より草のほうがより進化しているなどにひかれ購入。

6月1日に庭で撮った独逸文目と黄文目、裏山入り口に咲く谷空木を貼り付けます。

f:id:sikihuukei:20160604043630j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043708j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043742j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043832j:plain

f:id:sikihuukei:20160604043848j:plain

f:id:sikihuukei:20160604044010j:plain

f:id:sikihuukei:20160604044041j:plain

サライという雑誌を愛読しています。

その中の堀 文子氏と檀 ふみ氏の「命というもの」に、

だいぶ前ですが、地球の移動速度について記載しているのを思い出し、

移動速度についてブログに記載します。

地動説のままの知識です。

で、ネット検索すると「地球と僕たちのスピード」、「私達は超高速宇宙船地球号の乗員」、「地球の速さはとのくらい?」、「太陽系は高速で移動している」など動画やきれいな図版、わかりやすい文書で説明されていました。

動画は、銀河系を高速で移動する太陽とその周りを高速で移動す太陽系をたぶんCG画像で表現していました。

自転速度:(赤道の)時速1666㎞、秒速約500m

公転速度:時速約10万km、秒速30km

太陽系の公転速度:時速約78万km、秒速217km

銀河系(天の川)の移動速度:時速2,160,000km

銀河系や他の銀河も宇宙が加速度的に膨張していて、その時速3,600,000kmで、

外側に向けて移動しているとか。

この島宇宙の移動速度は。

島宇宙ってどのくらいあるのだろう。

宇宙においての、あらゆるものの速度を示す基準があるようです。

1989年にCOBE衛星がCBR(宇宙背景放射)と呼ばれる光を観測するために打ち上げられ、地球がCBRに対して、明確な速度と方向性を持っていることを発見しているそうです。

このCBRを基準として使えば、「地球はCBRに対して、秒速390kmで動いている」そうです。

秒速390㎞というのは、地球が獅子座に向かって近づいている速さに等しいそうです。

相対速度:何に対してかを示さないとだめのようです。

バスを追い越すトラックの場合、バスに対する相対速度なのか地面に対する絶対速度なのかで意味合いが違うようです。

地球上では、チータ、新幹線、雪雪崩より速く、高射砲、月の公転、マグナムライフル、大気圏突入時のスペースシャトルより遅いということらしいです。

CGとYouTubeは、太陽系がダイナミックに動いているのが分かります。

では、また。