風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

178.夏・大暑:三十四候初候桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

大暑は、明日(2016年7月22日)から8月6日までです。

暑さが最高潮になるころでしょうか。

また、桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)は、明日から7月27日まで。

桐の花がはじめて咲くこという意味のようですが、

桐の花が咲くのは本州では、5月のようで、

ここでは葉の形が似ていて、混同しやすいのアオギリのことのようです。

桐がはじめて実を結ぶころ、という解釈もあるようです。

 

sikihuukei.hatenablog.com

 

小樽の庭では、今、紫陽花と額の花の咲くころです。

小樽でも高台にあるので、色づき始めるのも遅いです。

我が家では夏の花です。

紫陽花や額の花が咲き初めから散るまでを花の時期とすると、

花の生涯は、植えられてから花が季節になると咲き始め、

そして、枯れて花が咲かなくなるまでをいうのだろうか。

もう何年庭で咲いているのだろう。

花の数も色合いも咲く時期も毎年微妙に違うのですが、

小樽で縁の深い花で毎年撮っています。

好きな木花の一つです。

今朝(7月21日)撮りたての紫陽花と額の花を貼り付けます。

f:id:sikihuukei:20160721100841j:plain

f:id:sikihuukei:20160721100953j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101025j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101130j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101202j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101239j:plain

庭ではトマト、ロリーポップ、ズッキーニの花も咲いています。

f:id:sikihuukei:20160721101302j:plain

額の花

f:id:sikihuukei:20160721101439j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101514j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101542j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101617j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101702j:plain

f:id:sikihuukei:20160721101734j:plain

 

f:id:sikihuukei:20160721101927j:plain

f:id:sikihuukei:20160721102003j:plain

花の生涯で思い出されるのは、NHK大河ドラマ花の生涯」です。

船橋誠一氏原作で、1963年4月7日から12月29日まで放映されたようです。

まだ、テレビが白黒の時代で一家で見ていました。

原作は読んだことはないのですが。

ヒロインの村山たか女の遺品が、京都の金福寺で拝観できるようです。

晩年を過ごしたお寺です。

縁があったら参拝したいです。

では、また。