読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

204.冬・小雪:六十候末候橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

橘始黄は、明後日2016年12月2日から12月6日までです。候の意味は↓下の昨年の記載を読んでいただけると嬉しいです。

11月28日、29日と久しぶりに所用で札幌へ。

しかし、あいにくの天気で所用が早く終わったのですが、早めに小樽へ帰る。

デジカメを所持していたので、百合が原公園の温室と思ったのですが、雪が強く降っていたので行くのをやめました。

あきらめて汽車に乗ったころ晴れ間が。

また、札幌では読みかけていた本を読み終えました。

sikihuukei.hatenablog.com

f:id:sikihuukei:20161130095237j:plain

小樽で三分の二ほど読んだ後の続きを読み終えました。

半藤氏の万葉集ひかれたことなど興味深く読みました。

やはり一流の文化人ですね。

久しぶりに集関係の本を読み、私のHP「BIVALVES」の万葉集の部屋の更新をしなければなと思いつつ、また、万葉集との出会い方もかなり違うなと思いました。

万葉集への興味を再度高めていただいた本でした。

11月27日の小樽の裏山の白樺の画像を貼り付けます。

札幌で撮っていないので。

まず庭のブロック

f:id:sikihuukei:20161130100357j:plain

裏山へ、珍しく先客あり

f:id:sikihuukei:20161130100529j:plain

f:id:sikihuukei:20161130100623j:plain

f:id:sikihuukei:20161130100708j:plain

f:id:sikihuukei:20161130100735j:plain

f:id:sikihuukei:20161130100834j:plain

f:id:sikihuukei:20161130100908j:plain

常緑樹エゾユズリハ

f:id:sikihuukei:20161130101014j:plain

落葉松の黄葉がすこし残ってます。

f:id:sikihuukei:20161130101201j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101339j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101430j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101458j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101535j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101604j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101632j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101706j:plain

f:id:sikihuukei:20161130101738j:plain

最後は落葉松です。

f:id:sikihuukei:20161130101841j:plain

暦はいよいよ最後の一枚です。

部屋の温度は2℃から7℃へとなったのですが、そろそろこの辺で終わりとします。

今朝の積雪は5㎝弱で、軽い運動代わりの雪かきでした。