読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

214.冬・大寒初候(第七十候)「款冬華(ふきのはなさく)」

大寒は、今日2017年1月20日から2月3日までです。

款冬華(ふきのはなさく)は、今日から1月24日までです。昨年の記載を読んでいただければ嬉しいです。

sikihuukei.hatenablog.com

フキの花の咲くころなのですね。

もう熱海桜の開花や水仙、梅など花の便り時期ですね。

でも、小樽は冬の盛りで雪の花だけです。

今朝も朝食前に軽い雪かきをしました。

が、朝食後にもう数センチ積もっていました。

歩くことに支障のない積雪なので、午後にでも雪かきしようと思い、ブログを記載しています。

款冬はフキ・蕗のことですね。

蕗の花咲く時期は、小樽では早くて三月下旬でしょうか。で、昨年の蕗の画像を貼り付けます。

春よ早く来いですね。

2016年3月29日に小樽で撮影

f:id:sikihuukei:20170120090714j:plain

f:id:sikihuukei:20170120090921j:plain

f:id:sikihuukei:20170120091000j:plain

f:id:sikihuukei:20170120091022j:plain

f:id:sikihuukei:20170120091105j:plain

「雪の上に膝ついて得し蕗のたう」  稲垣陶石

いい句ですね。

この句の後に気が引けるのですが、駄句を一句。

「雪投げや 腰の痛さも 投げ飛ばせ」 北 帰航(第158句)

なお、雪投げは排雪作業のことです。

2017年1月9日に詠みました。

駄句を記載して、今日はこのへんで。

「蕗の薹 雪の間に眼を 凝らし撮る」 北 帰航(第159句)

 

お暇でしたら左のリンクの「句集「風楽」」を訪ねてみてください。

第110句まで記載しています。