風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

215.冬・大寒次候(第七十一候)「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

水沢腹堅は、明日(2017年1月25日)から1月29日まで。昨年の記載を読んでいただけると嬉しいです。

sikihuukei.hatenablog.com

天気予報の積雪深についてです。

雪かきの季節は特にTVの天気予報を見ます。

数社のTV局の予報を比較することもあります。

TV局によって予報に若干の差異があります。

よく見る局では、0~10㎝が青色、10~30㎝が黄色、30~?cmが赤色、?cm以上が紫色と北海道の地図に表示されます。

で、昨日夕方の天気予報では小樽の積雪深は黄色だったのです。

今朝の積雪深は、ほぼ0㎝でした。

青色ではよくあるのですが、黄色でのほぼ0㎝は珍しいです。

予報が外れたというべきでしょう。

都合があって、雪かきをしないといけなく、今朝早く起きたのです、外は真っ暗の朝五時にです。

この冬一番の冷え込みの朝です。

石油ストーブに点火した後なので、部屋が温まるまで朝刊をゆっくりと読んでいました。

予報の青、黄色が普段の積雪深なのです。

赤や紫は少ないです。

青では積もらないことはよくあるのですが、黄では積もらないことは稀ですね。

積もっていると思い込んでいたので、カーテンを開けて外を見て、え、積もっていない。

(庭には30~1mほどの雪が積もっていますが、その上に雪があらあに積もらなかったということです)

正確には1㎝未満の積雪深。

朝食後外に出ると、寒の朝の空気は冷たいというより、痛いと寒いの間かな、いい表現が思い浮かびません。

昨日集めておいた雪を寒稽古代わりに投げていました。

食後の運動ですね。

ただ、日照時間が長くなってるなと実感しています。

池の氷が厚くなる時期で、いよいよ寒さが極まったなと感じます。

予報がいいほうに外れ、このブログを記載しています。

花咲く春に憧れます。

で、昨年の百合が原公園の温室の花々(2016年1月22日撮影)を貼り付けて、ブログの記載を終えます。

では、また。

f:id:sikihuukei:20170124095924j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100015j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100100j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100142j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100224j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100257j:plain

f:id:sikihuukei:20170124100339j:plain

温室の周りの積雪はどのくらいだろうか。

f:id:sikihuukei:20170124100450j:plain