読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

217.春・立春初候(第一候)「東風解凍(はるかぜこおりとく)」

春は昨年の記載↓を参考にしていただき、立春は明日2017年2月4日から2月17日までです。

春立つ日ともよばれる立春

「立つ」は気配が起こることで、春が兆す日のようです。

春風解凍は、明日から2月8日までです。

sikihuukei.hatenablog.com

七十二候のはじまりです。

今回も七十二回の記載を続けたいと決意も新たにしています。

今回は、前にも紹介しました下記の本を主に参考に記載していきたいと思います。

f:id:sikihuukei:20170203085717j:plain

小樽の今は、一年でもっとも寒い季節です。

春の萌し・兆しは、日の出が少し早くなり、日の入りが遅くなったことでしょうか。

久しぶりにパソコンの部屋へ。

室温は、氷点下でした。

やっと4℃くらいになりました。

心なしかパソコンの動きが遅く感じられます。

今朝も数センチの積雪があり、軽い雪かき後に朝食でした。

雪捨て場には小山ができています。

三月になると春の萌しが身近に感じられるかな。

雪かきもあと一月ですね。

では、1月26日に訪れた百合が原公園の画像を貼り付けます。

公園の温室の花々は次回に貼り付けたいと思います。

JR学園都市線で、JR桑園駅からJR百合が原駅へ。

f:id:sikihuukei:20170203090648j:plain

f:id:sikihuukei:20170203090811j:plain

公園の近くから駅を振り返り、道の真ん中で撮る、道の半分が雪で小山ができています。

f:id:sikihuukei:20170203090900j:plain

目的は、温室の花々なのですが、公園内は冬季に散策したことがないので、温室近くを撮り歩いてみました。

左に公園管理事務所、右奥にリリートレインの百合の広場前駅です。

f:id:sikihuukei:20170203091322j:plain

駅の前は除雪をされていました。

f:id:sikihuukei:20170203091552j:plain

左奥が広場駅で、右の道では散歩の方、ジョギングの方がおられました。

f:id:sikihuukei:20170203091727j:plain

右の雪捨て場は、道路で、公園内の道路すべてが除雪されていません。

でも、ジョギングされている同じ方が、少しおいてふたたび横を走っていくのを見ましたので、公園内を一周できるのでしょう。

f:id:sikihuukei:20170203091914j:plain

有料の日本庭園や中国庭園などの入り口で、冬季は閉鎖です。

f:id:sikihuukei:20170203092314j:plain

広場前駅の後方に温室が見えます。

f:id:sikihuukei:20170203102258j:plain

温室近くへ。

f:id:sikihuukei:20170203092545j:plain

温室が見えてきました。

f:id:sikihuukei:20170203092622j:plain

温室前で撮影。

f:id:sikihuukei:20170203092744j:plain

いよいよ温室へ。

f:id:sikihuukei:20170203092903j:plain

温室の花々は次回に。

奥に公園管理事務所近くの門です。

f:id:sikihuukei:20170203093019j:plain

公園への門はほかにもあるようなのですが、門はすべてこのようなのかな。

園内に駐車場があり、温室近くの駐車場には車が駐車されているので、門すべてが除雪されていないわけではないのでしょう。

また、温室近くには歩くスキーのスタートとゴール地点(黄色い案内板)があるので、歩くスキーを楽しむ方もおられるのでしょう。

百合が原公園近くに住んでおられる方がうらやましいな。

f:id:sikihuukei:20170203093629j:plain

JR百合が原公園駅前に、住宅街の駅ですね。

f:id:sikihuukei:20170203093750j:plain

小樽は今日2017年2月3日から2月12日まで、「小樽雪あかりの路19」が開催されるようです。

f:id:sikihuukei:20170203094055j:plain

公式ガイドブックの裏表紙。↓

f:id:sikihuukei:20170203094212j:plain

札幌で70年前に産湯、今の宿は小樽で、住んで12年目ですね。

小樽の前に、余市町で6年弱過ごしました。

最後の宿は、札幌市です。

冬の余市町ニッカウヰスキー工場も懐かしいです。

室温もやっと7℃に、では、この辺で。