風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

222.春・雨水末候(第六候)「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

草木萌動は、今日2017年2月28日から3月4日までです。今朝は寒かったです。

裏山の木々の芽は、まだ膨らまず、春はまだだなと。

昨日確定申告に行ってきました。

sikihuukei.hatenablog.com

定年退職後、十回目の申告です。

今年は、小樽市産業会館2階が申告会場で、開設期間は2月16日から3月15日までです。

昨年と会場は同じなのですが、昨年までは2月上旬からの開設でした。

今年から半月ほどの開設の遅れです。

定年退職するまで確定申告などは高額所得者だけがするものと思い、確定申告とは縁のないものという先入観を持っていました。

定年後に確定申告に毎年出かけ、もう十回目を迎えたのですね。

2月18日に百合が原公園の温室で鑑賞した雪割草の画像を貼り付けます。

f:id:sikihuukei:20170228085111j:plain

f:id:sikihuukei:20170228085325j:plain

f:id:sikihuukei:20170228085359j:plain

f:id:sikihuukei:20170228085458j:plain

f:id:sikihuukei:20170228085540j:plain

f:id:sikihuukei:20170228085639j:plain

会期末なのか昨年より花の数が少ないような気がします。花が小さく撮るのが難しいですが、好きな花です。

次回にアザレア展の画像を貼り付けます。

確定申告に戻ります。

平成19年分の所得税の確定申告書Bから今年の平成28年分の所得税及び復興特別所得税の申告内容確認票Bを眺めていて、19年、20年は手書きだったのだと10年前の申告のことを懐かしく思い出していました。

踊るような躍動感のあるバランスの悪い字で、年をとっても下手な字だなと。

21年分から手書きではなく、きれいな字でプリントアウトされるようになり、ほっとしました。

と同時に国税庁ホームページからの電子申告(e-Tax)のおすすめが始まったと記憶しています。

現職のころは勤め先ですべて処理してくれていたのですが、退職後は年金や国民保険料納付などなどすべての手続きを自分でしないといけなくなりました。

これが退職ということかと実感しました。

電子申告にしようかと思ったことも、また、申告時に電子申告のおすすめがあるのですが、インターネットは苦手と話し、申告会場で担当者のアドバイスを受けながら申告しています。

これはこれで楽しいし、後日若干の「還付される税金」もあるので。

ただ、平成20年と21年分は、わずかですが「収める税金」がありました。

今年の平成28年分の申告からは、マイナンバーカードの持参とマイナンバーの記載が必要となりました。

また、「国民健康保険料納付通知書」は、申告時に持参しています。

今年は、「国民健康保険料納付通知書の平成27年度分と28年度分」を持参。

国民健康保険料納付通知書の28年分の10月期から保険料は、公的年金からの天引きとなり、平成29年公的年金等の源泉徴収票に納付保険料が記載されるのではないかと想像するのです。

国民健康保険料納付通知書は、来年度29年分の申告には必要ないかな。

翌年分(平成29年分)以降の申告等についての税務署のお知らせを読みながら自宅のパソコンで申告書等の作成しようか迷っています。

たしかに自宅で作成すると便利かとは思うのですが。

来年の平成29年分の確定申告のお知らせが届いてから考えよう。

屋根から落ちた雪の雪出しをしようと思いますので、このへんで。