風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

228.春・春分末候(第十二候)「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

雷乃発声は、今日2017年3月30日から4月3日までです。

今朝は曇り空で、昼から小雨、夜にみぞれの後に雪との予報のようです。

一週間ほど前から庭の雪割り作業を行っています。

運動不足解消と福寿草などの花を早く咲かせようという楽しみで作業をしています。

sikihuukei.hatenablog.com

 

3月18日に通院の後に訪れた北大構内の画像を貼り付けます。

中学生の時の担任が北大理学部出身の先生で、植物園などの素晴らしさをお話になっていました。

その影響と思うのですが、植物園や北大の大学祭に出かけた思い出があります。

定年退職後に、ふたたび北大構内を訪れることが多くなりました。

そして、感じることは、植物園の池の自噴は、心なしか勢いがなくなったのでないかなと、また、構内のほうは高い建物が増えたことです。

60年ほどの時間の経過は早いなと感じます。

北大正門を入ってすぐ左のエルムの森(総合案内所)で二冊のガイドマップをいただいて、リニューアルした北大総合博物館を、その後、第一農場を目指しました。

f:id:sikihuukei:20170330083834j:plain

古川講堂の前をとおり

f:id:sikihuukei:20170330083926j:plain

クラーク博士の銅像前をすぎ、

f:id:sikihuukei:20170330084121j:plain

旧昆虫学及養蚕学教室の横を過ぎ、

f:id:sikihuukei:20170330084303j:plain

旧理学部の博物館へ。

f:id:sikihuukei:20170330084536j:plain

f:id:sikihuukei:20170330084701j:plain

f:id:sikihuukei:20170330091016j:plain

f:id:sikihuukei:20170330091123j:plain

見学後、銀杏並木を横に見て、第一農場へ。

f:id:sikihuukei:20170330084911j:plain

農場から手稲山、三角山、大倉山ジャンプ台などが望めます。

私の札幌の山は、藻岩山、円山、大倉山、三角山、手稲山です。

このほかに二子山と荒井山があるのですが、住宅が建ち並んでいます。

f:id:sikihuukei:20170330085120j:plain

ポプラ並木

f:id:sikihuukei:20170330085619j:plain

ポプラ並木と札幌駅方向

f:id:sikihuukei:20170330085832j:plain

農場の中ほどから平成ポプラ並木を望む、白い建物の向こうに新恵迪寮があります。旧恵迪寮は開拓の村に移築されています。

f:id:sikihuukei:20170330090121j:plain

農場の端から構内を撮りました。

f:id:sikihuukei:20170330090418j:plain

農場から大倉山ジャンプ台

f:id:sikihuukei:20170330090537j:plain

手稲山

f:id:sikihuukei:20170330090720j:plain

帰宅後、キャンパスガイドマップや歴史的資産ガイドマップを見ていて、第二農場など訪れていない場所や歴史的資産が多いなと。

機会を得て訪ねてみよう。

では、このへんで。