風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

240.夏・小満末候(第二十四候)「麦秋至(むぎのときいたる)」

麦秋至は、明日(2017年5月31日)から6月4日までです。秋は、収穫時期を表す言葉としても用います。麦の実りの季節です。季節の移ろいは庭や裏山で咲く花や木花で感じています。5月26日に撮った花々を貼り付けます。その前に、昨日読み終わった本を貼り付けます。

sikihuukei.hatenablog.com

f:id:sikihuukei:20170520030932j:plain

帯封と白村江にひかれ購入したのですが、壬申の乱など古代史の新たな知見を得ました。時代の背景など漠然としていたものが、理解できたことが多々ありました。購入してよかっです。古代史の見方が深まったと感じています。そして何より、「今日の中国、韓国との関係は、近現代史を追うだけではわからない!日本人の「異国」がつくられていく過程を辿る一冊」でした。

蝦夷の子林檎の真っ赤なつぼみ

f:id:sikihuukei:20170530040241j:plain

花開くと白い花に、今朝裏山に咲く花は白く、赤いつぼみは見当たりません。

f:id:sikihuukei:20170530040433j:plain

上溝桜、もう花の時期を終えようとしています。

f:id:sikihuukei:20170530040701j:plain

蝮草の雌花と雄花

f:id:sikihuukei:20170530040833j:plain

蝮草も下の大甘野老も比較花の時期が長く感じます。黒実や青実の延齢草は、花の時期が終わっているのに、咲いているように見えます。

f:id:sikihuukei:20170530041124j:plain

白い小さな花の舞鶴草が咲き始めました。

f:id:sikihuukei:20170530041509j:plain

そして、庭では黒百合の花が咲き始めました。もう数日待った方がきれいなのですが、待てづに撮っています。

f:id:sikihuukei:20170530042029j:plain

f:id:sikihuukei:20170530041820j:plain

f:id:sikihuukei:20170530041943j:plain

道東の野付半島で、黒百合の群落を見て、きれいだなと。小樽に移り住んで、黒百合を購入して庭に植えてみました。花が終わり、球根を移し替えながら、黒百合を楽しんでいます。最初は片葉、ついで花芽のない個体、花芽が一個、二個、三個の個体です。年齢とともに花の数が増えるようです。

f:id:sikihuukei:20170530042606j:plain

今朝もう一度撮ろうかな。そろそろ午前四時半です、今日はこの辺で。