風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

253.秋・立秋初候(第三十七候)「涼風至(すずかぜいたる)」

秋は明日(2017年8月7日)から11月6日までで、立秋は8月22日まで、そして涼風至は、8月11日までです。

二十四節気が生まれた黄河の中・下流域では、七月の平均気温より、八月の方が若干低くなるようです。

秋が生まれる気配を感じることができたのでしょうと参考にした本に記載されていました。

小樽ではどうかわからないのですが、一年で一番暑い時期で、九月にならないと秋は感じられません。

sikihuukei.hatenablog.com

短い小樽の秋は、もうすぐですね。

10月中旬過ぎには、もう平地でも冬将軍の到来かな。

歳時記では、「涼風」は夏の季語です。

秋になってからの涼しさは「新涼」というそうです。

夏から秋への涼しさを感じ取る期間は短く、寒い冬がもうじきかな。

いよいよ雪かきの季節到来でしょうか。

(少し早いのでは、歳のせいかな)

今日は快晴で、青空を撮り、そして庭に咲いている花々を撮りました。

宇宙の広がりを思うのは、どちらかというと夜の星空を眺めている時ですね。

青空で思うことがないのですが、この青空の果て、島宇宙の果て、別の島宇宙などなどを考えていました。

(暇なんだな、ほかに考えることがないのか)

では、貼り付けていきます。

f:id:sikihuukei:20170806124945j:plain

紫陽花

f:id:sikihuukei:20170806125050j:plain

大姥百合

f:id:sikihuukei:20170806125136j:plain

開花まえのカサブランカ

f:id:sikihuukei:20170806125231j:plain

額の花

f:id:sikihuukei:20170806125344j:plain

f:id:sikihuukei:20170806125502j:plain

f:id:sikihuukei:20170806125549j:plain

f:id:sikihuukei:20170806125630j:plain

七十二候もいよいよ後半戦です。

今日は午後から、蝉の声を聴きながら記載しました。

では、この辺で。