風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

259.秋・白露初候(第四十三候)「草露白(くさのつゆしろし)」

白露は、明後日(2017年9月7日)から9月22日までです。昨年の記載を読んでみてください。

また、草露白は9月11日までです。

裏山の虫の声が聞こえる時期です。

朝晩が肌寒く感じます。

分解掃除に出していた石油ストーブが明日戻ってきます。不自然な室内の煙突は相棒が戻ってきて、見慣れた姿になります。

10月下旬までには小樽でも初雪があるでしょう、そのころに朝晩ストーブ焚くかな。

その前に、大雪山山系の初冠雪のニュースですね。

小樽の短い秋です。

sikihuukei.hatenablog.com

昨日は札幌の孫娘と一日楽しく過ごし、小樽に帰ってきました。

一昨日は道立近代美術館で開催のゴッホ展を鑑賞に行きました。

朝に観に行くことに急遽決めたのですが、日曜日であることを忘れていました。

すこし込んでいて、並んでから当日券を購入。

まず、パンフレットを見て入場。

f:id:sikihuukei:20170905044930j:plain

f:id:sikihuukei:20170905050121j:plain

f:id:sikihuukei:20170905050156j:plain

f:id:sikihuukei:20170905050239j:plain

f:id:sikihuukei:20170905050334j:plain

f:id:sikihuukei:20170905050409j:plain

購入した図録の表紙です。

f:id:sikihuukei:20170905050503j:plain

裏表紙

f:id:sikihuukei:20170905050621j:plain

ゴッホ展を前にどこかで観たのを思い出し、図録を探しました。

横浜美術館で1996年の1月か2月に観ていました。

二十数年ぶりですね。

このとき購入した図録と比較して、出品作四点が同じでした。

オランダ クレラー=ミュラー美術館所蔵のゴッホ展でした。

f:id:sikihuukei:20170905051236j:plain

f:id:sikihuukei:20170905051311j:plain

 お金持ちで、ゴッホの作品を購入することができるとしても、たぶん購入はしないでしょう。

購入してみたいほど好きではないので。

ま、お金持ちでないので、購入したいほど好きな作品でも購入は無理ですね。

横浜での開催の37年前に、ゴッホ展がどこかで開催されたようです。

札幌の開催の後は、東京都美術館(2017年10月24日~2018年1月8日)と京都国立近代美術館(2018年1月20日~3月4日)で開催の予定です。

次回の開催は何年後だろうか。