風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

317.夏・夏至次候(第二十九候)「菖蒲華(あやめはなさく)」

菖蒲華は、明後日(2018年6月26日)から7月1日までです。

あやめ、広くアヤメ科の花では広げ過ぎかな。

アヤメ科には、よく似た花が多いです。

一初、菖蒲、杜若と咲き始め、花菖蒲が盛りの頃でしょうか。

外来種も多いですね。

小樽の庭の文目はそろそろ花の時期を終えようとしています。

sikihuukei.hatenablog.com

庭に咲く文目を少し前の6月7日に撮ったので貼り付けます。

黄文目が子供の頃か親しんだ花で、独逸文目と文目が小樽に移り住んでから縁のあった花です。

咲き始めの早朝の朝日に照らされた姿が美しいと感じます。

f:id:sikihuukei:20180624051452j:plain

逸文目(ジャーマンアイリス

f:id:sikihuukei:20180624051725j:plain

文目

f:id:sikihuukei:20180624051844j:plain

f:id:sikihuukei:20180624051958j:plain

f:id:sikihuukei:20180624052108j:plain

ハナショウブを園芸用に改良した花菖蒲はきれいだなと。

そして、栽培の普及は江戸時代とか。

でも、縁がありません。

では、今日はこの辺で。