風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

326.秋・次候(第三十八候)「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」

寒蝉鳴は、今日2018年8月12日から16日までです。

8月6日から10日に小樽市立病院へ白内障の手術で入院していました。

55年前の高校一年の春休みの入院以来で、初めての入院の様でした。

七十代の前半で、人生の後半を見つめなおす良い機会でした。

入院前に鳴いていた蝉の声が聞こえません。

葉月と言えば、秋の七草を子供の頃に習いました。

日脚がだいぶ短くなり、さわやかな風も吹き出し、小樽では窓を閉めて睡眠をとる季節となりました。

朝夕ひんやりとしてくると庭の草花も露を結ぶ季節を迎えるのでしょう。

秋の七草は、山上憶良万葉集で詠んだ秋野の花の歌に出てきます萩・尾花・葛・撫子・女郎花・藤袴朝顔の七種ですね。

朝顔は今の桔梗です。

小樽の庭で咲くのは、撫子と桔梗で、他は縁がないです。

sikihuukei.hatenablog.com

退院後の昨日、庭に咲く桔梗などを撮りましたので貼り付けます。

f:id:sikihuukei:20180812034325j:plain

f:id:sikihuukei:20180812034358j:plain

f:id:sikihuukei:20180812034436j:plain

f:id:sikihuukei:20180812034521j:plain

韮の花も咲いています。

f:id:sikihuukei:20180812034629j:plain

f:id:sikihuukei:20180812034701j:plain

独活の花

f:id:sikihuukei:20180812034739j:plain

f:id:sikihuukei:20180812034840j:plain

カサブランカ

f:id:sikihuukei:20180812034924j:plain

額の花

f:id:sikihuukei:20180812035029j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035130j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035214j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035303j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035338j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035421j:plain

f:id:sikihuukei:20180812035523j:plain

ブログの記載文字は中(150%)でしたが、標準(100%)に戻そうかな。

細かい字がはっきり見えるようになり、拡大鏡など使用せずとも細かい字が読めるようになりました。

退院後一週間目、一月後と通院しないといけないですが、見えるということは素晴らしいですね。

下手な写真も撮っていて楽しいです。

次回から標準の文字の大きさに戻します。

では、今日はこの辺で。