風景夢譚

楽しく学んだ歳時記の忘備録

330.秋・処暑末候(第四十二候)「禾乃登(こくもつすなわちみのる)」

禾乃登は、明日2018年9月2日から9月7日までです。

sikihuukei.hatenablog.com

処暑の心ごよみとして、地蔵顔、風祭、虫聞きが記載されています。

どれも死語に近いです。

虫聞きは、秋の夕暮れ時、野山に集まって虫の音を楽しむことを「虫聞き」というようです。

江戸時代には、虫聞きの名所まであったようです。

それも、虫別に。

たとえば松虫の名所は京都の嵐山、鈴虫は伊勢の鈴鹿山、蟋蟀は奈良の竜田山というぐあいです。

小樽では、秋の虫の声が聞こえ始めました。

もう秋ですね。

画像は万葉集の日記の東大寺の続きです。

f:id:sikihuukei:20180901033210j:plain

f:id:sikihuukei:20180901033509j:plain

東大寺創建からのものです。

f:id:sikihuukei:20180901033327j:plain

f:id:sikihuukei:20180901033355j:plain

f:id:sikihuukei:20180901033417j:plain

f:id:sikihuukei:20180901033436j:plain

では、今日はこの辺で。